身元保証支援

老夫婦

法人として身元保証を引き受けます

病院への入院、住宅や福祉施設への入居などには身元保証人が必要です。
身元保証人は事故やトラブル発生時の〈緊急連絡先〉や費用滞納時の〈連帯保証〉の役割を求められ、多くの場合は親族が担っています。

みまもり家族は法人として終身にわたって身元保証を担い、「近くに頼れる人がいない」「親族も高齢」「迷惑をかけたくない」といった不安や悩みを解消します。

  • 今までは…あなた+家族
  • これからは! あなた+みまもり家族

こんな悩みをお持ちの方にご利用いただけます

身寄りはいても何か問題をお抱えの方、あるいは頼める身寄りがいない方、どちらの方でも当協会が身元保証人となって皆さまを支えます。

  • 身寄りがいないので転居できない。
  • 身寄りはいるが遠くにいるので頼めない。
  • 身寄りはいるが高齢で身元保証人にはなれない。
  • 身寄りが死亡したため、別に保証人を立てなければいけない。
  • 身寄りはいるが高齢で将来が不安。
  • 身寄りも障がい者・要介護者のため、身元保証人になれない。
  • 海外旅行をするにあたって身元保証人がいない  など

なぜ、身元保証人が必要なのか?

  • 家賃を滞納した場合の支払の保証
  • お亡くなりになった場合などの家財処分や現状復帰など
  • 医療費の滞納の保証
  • 手術や治療に対する同意
  • 亡くなられた場合のご遺体の引取り
  • 施設費を滞納した場合の支払の保証
  • 事故やけがなどの緊急時の駆付け対応

個人保証の時代から法人保証の時代へ

福祉施設の保証人を例とした時に、兄弟や甥・姪等の個人の身元保証人の場合だと以下のようなケースが考えられます。

  • 保証人が先に亡くなる。
  • 保証人が遠方に引越をしてしまう。
  • 保証人が病気により今までのように動くことが出来なくなる。
  • 保証人との関係が悪くなってしまった。

このようなケースでは、継続して保証人としての役割を果たすことが出来なくなります。
法人として保証させて頂く場合は、継続性が保たれますので、個人の保証と比べ、より安心してご利用頂けます。
福祉施設はもとより、医療機関や住宅関係の多くの方にも法人での保証を望む声が多くなってきています。

みまもり家族の法人保証のメリット

  • 終身にわたる身元保証
  • 24時間365日の連絡体制を構築、緊急対応が可能です。
  • 名古屋と三重を中心に拠点事務所があり、広いエリアでの身元保証が可能です。

保証人は対応可能な場所に所在していることが基本で、個人保証の場合は高齢や身体的状況などの理由で緊急対応が難しい場合があります。さらに個人保証の場合は、亡くなられたり、転居されたりして、保証人の役割を果たせなくなる場合もあります。

対応事例と会員の方からの声

みなさまから寄せられたみまもり家族の活用事例とその声をご紹介いたします。

外出中における急変

外出時:持病の発作で緊急搬送される。 病院:病院関係者から当法人へ連絡
会員の方からの声(70代夫婦会員)
息子が海外赴任になることは予想もしていませんでした。緊急時から施設入居の身元保証まで息子に頼むつもりでしたが叶わなくなりました。そこでみまもり家族へお世話になることに決めました。入会により家族も増えた感じで嬉しく思っています。